睡眠薬の減薬は自分が思っている以上に厳しい戦いです~微量減薬で自信をつけましょう~

睡眠薬の減薬は自分が思っている以上に厳しい戦いです~微量減薬で自信をつけましょう~

皆さん、こんにちは!

京都 無痛整体未來堂の伊藤です。

なんか台風の影響で、天気が悪いですね、、、

私も朝から、倦怠感がありますね。

私は、今、皮膚科に通院しています(笑)

6月、、、とにかく、、、ハードすぎた(笑)

整体、病院の仕事、余興の練習、ワールドカップ、、、そして、婚活(笑)、、、

もう、身体が悲鳴をあげてました。

で、6月後半から背中に異常なくらい、でかい、できものが、、、

Y先生に聞いたら、それ、、、アテロームだね、、、

めちゃ痛いよ、、、(笑)と言われ、、、

調べると、できものを切るみたいなこと書かれていて、、、

でも、もう皮膚科に行く時間がなくて、、、

で、6月30日に村地先生の余興したときは、炎症して痛くて、、、

なんとか、7月2日に病院行きました(笑)

先生が、とりあえず炎症抑えないとと言われ、、、

注射したほうが早いと言われ、、、

できものに直接、注射され、、、

完全にノックダウン、、、涙涙涙、、、

看護師さんに、伊藤さん、医療人なんだから、我慢しなさいよと言われたが、、、医療人=痛みに強い、、、おかしいだろう??

と思いながらも、言い返すパワーもなく、自転車に乗り帰宅し、整体をしてました(笑)

しかし、炎症はおさまりました。

今度、また皮膚科行くのですが、、、どうなるのでしょうか、、、(笑)

私のアテロームの闘いは、また、、、後日、、、(笑)

アテロームについては、こちら↓

アテローム

多分ですが、身体が黄色信号を発しているんだと思います。

これ以上したら、だめと!!

だから、7月は、自分の体調に合わせて、ゆっくり生活をしたいと思います。

村地先生の結婚式など、色々話したいですが、、、

これ以上書くと、ブログの本題にいけないので、また後日!

結論から言うと、村地先生がイケメンすぎて、、、

こんな感じでした↓

最近、やはり疲れすぎて、、、こういうふざけたことしか書けないんです、、、村地先生、ごめんなさい。

さて、本題です。

睡眠薬の減薬は自分が思っている以上に厳しい戦いです~微量減薬で自信をつけましょう~

当院は、減薬に頑張っている方が多いです。

私は、自分の知識と経験をもとにアドバイスはしますが、必ずお医者さんと相談して決めてくださいと言います。

成功する人もいれば、失敗する人もいます。

私は、自分が本当に辛い経験をしたから、基本、微量減薬しかすすめない。

例えば、0.5mgの薬を減薬する場合。

大半のお医者さんは、半錠か、1/4錠(0.25錠)です。

これが、間違ってるわけではないです。

これで、うまくいく方はたくさんいます。

でも、うまくいかない場合、どうするか??

私も、うまくいかなくて、苦労しました。

当院にも沢山おられます。

私が、0.5mgの減薬をするとき、私ならこうします。

0.5mg→0.49mg→0.48mg→0.47mg、、、、

つまり、0.01mgしか減らさない。

しかも、3~4週間に一度しか減らさない。

でも、これは減薬初期です。

みんな、減薬不安ですよね、、、

何度も失敗して、、、私もそうでした。

だから、0.01mg減らして、自信をつけるんです。

0.49mg減らして、あ、大丈夫だと!

で、また、0.01mg減らして、0.48mg。

あ、また大丈夫だと!

そうなると、減薬の自信ついてきますよね。

人間、自信がついてくると、おーーーー俺、すごい!!減薬、うまくいけてるやん!!と思いますよね。

これ、すごく大事なんです。

減薬は、とにかく失敗しないように、自信をつけていく。

0.01mgの減薬で自信がついたら、0.02mgに増やす。それでも、うまくいけば、、、0.03、、、0.04と、どんどん増やす。

しかし、このやり方をお客さまに言うと、かなり驚かれます。

なぜなら、0.01なんて、いつ終わるの??そんな微々たる量なんか、、、、確かに気持ち分かります。

じゃ、、、、この①か②皆さんはどう思いますか??

 

①0.5mg→0.45mg(0.05mg減らして、体調不良で寝込む、もう減薬なんかしたくない、、、)

②0.5mg→0.49mg(0.01mg減らして、体調は変わりなく、元気で友達と休日にご飯に行けた!)

 

①か②どちらがいいですか??

私は、②を選びます。皆さんも②ですよね??

①は失敗ですよね、寝込んでます。

②は0.01しか減らしてないけど、ま、成功ですよね。

0.01だけど、減薬に成功しています。

そうやって、自信をつけて、進めていけば、必ず道が見えてきます。

このやり方、お医者や薬剤師さんも笑いますよ。

臨床では、考えられないですもん。

私は、減薬に詳しい方に話しをしたりすると、断薬できたのは奇跡だと。

断薬後も、別に寝込んだりもしてないし、こうして、ブログ書いたりしてますし、整体も病院の仕事もしてます、サッカーも見てますし、婚活(笑)もしてる。

なぜなら、微量減薬を守りながら断薬したので、身体や脳にとっても非常に優しかったんだと思います。

私の母親は、減薬中、何度も私に言いました。

「減薬は、急がば回れです。ウサギと亀なら、亀、焦ると駄目だよ」

みんな失敗してる人は、正直、ウサギです。

亀が最終的に勝つんです。

人間の多くは、ウサギタイプが多いです。私もそうです。

でも、減薬は、亀じゃないと勝てない。

私は、多くのお客様に言ってますが、減薬は、自分が思っている、2倍3倍、、、100倍しんどいです。

減薬に理解のある先生でも、あまり分からないと思う。

なぜなら、離脱症状を経験していないから、、、

減薬に理解のある先生が、0.1mgで大丈夫とかいいますが、、、それ、何を根拠に大丈夫と言ってるか知りたい。

で、失敗したら、、、、そんなことありえないんだけど、、、と言い訳をする。

だから、減薬量は、自分で決めることが大事。

お医者さんに決めてもらい、失敗したら、不信感しか残らない。

お医者さんも、どんな天才も、東大だろうが京大だろうが、ハーバードだろうが、分からない。

そんなレベルの世界です。

減薬に関しては、お医者さんは素人です。なぜなら、減薬の方法なんか、習ってないですし、、、

増薬の知識はあるけど、減薬の知識はない。

これが、精神医療の問題です。

とにかく、微量微量が鉄則です

私が、もっとうまく伝えれば、いいのですが、、、

言語化がまだまだ下手です、すいません。

別にびびらすつもりはないですが、本当に減薬は慎重にいくしか方法はないです。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事

  1. うつ病が慢性化している原因は、ベンゾジアゼピン系のお薬が原因…

  2. 健康食品被害

  3. ホームページ作成

  4. 精神薬の減薬における鉄則

  5. 毎日の習慣を継続すること

  6. 発達障害の薬物療法について私が思う事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

院長プロフィール

使用28

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は、うつ・不眠専門の整体院です。
30~40代のサラリーマンの方、中高生、大学生の方が来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
その経験やメンタルヘルスの知識をもとにお客様に最短でうつ・不眠を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しないうつ・不眠の方は、是非、ご連絡くださいね!