高校野球の思い出~龍谷大平安高校頑張れ!~

高校野球の思い出~龍谷大平安高校頑張れ!~

皆さん、こんにちは!

というか、お久しぶりです。

前回のブログから1ヵ月以上、放置したまま、、、

申し訳ありません。

お客様から、最近、全然更新してないけど、体調悪いんですか?と聞かれることが多くて、、、(笑)

いや、、、夏バテしてますが、元気ですよ!

さて、昨日まで少しだけ、当院はお盆休みを頂きました。

お客様には、ご迷惑をかけましたが、今日から再開しています。

さて、私のお盆休みは何をしていたのかと言うと、、、

掃除です!!

友だちの家の掃除と、自分の部屋と整体院と、病院の仕事場。

4つです(笑)

別に、掃除オタクではないですが、年に最低2回は気が狂ったように、掃除と断捨離をします(笑)

掃除は大事ですよ。

減薬を成功させるために、掃除と断捨離は必要と私は思います。

これに関しては、また、次回以降、ブログで書きますね。

健康になりたければ、掃除と断捨離!!です(笑)

さて、今日は、いつも薬の話しばかり書いていて、つまらないと思うので、、、

私の野球についての話しです(笑)

私の人生の中で、野球をしていなければ、今の自分はないと思います。

これから書くことは、もう18年以上の前のことで、少々、時代錯誤ありますが、読んでくださいね。

私は小学校低学年のとき、本当に身体が弱くて、、、

給食は一番最後で、いつも先生の前で食べてました。

で、3年生くらいに母親に野球させてくれて頼んで、そこから私の野球人生はスタートしました。

小学校のときは、エースでした。

母親がいつも応援にきてくれて、私がファーボールをだすと、応援席から怒鳴り声がしてました(笑)

自慢じゃないですが、、、私、、、コントロールが悪いんです(笑)

野球のときの、母親はとにかく怖かった、、、

監督より怖かったです(笑)

男なら、黙って、真ん中で勝負しろ!というのが母親の理論でしたね(笑)

ファーボールだすのは、お前の根性が弱すぎるからという、今から考えると、分けわからない理論ですね、、、(笑)

で、中学に入り、そこでもエースでしたが、、、

監督と仲が悪すぎて、、、

背番号は1をもらってるのに、試合では使わないという、、、

で、最後の中3の夏の大会前の練習で、ねちねち説教されて、ついに爆発して、監督の顔面にグローブ投げつけて、「う〇〇〇〇、ぼ〇〇!!」と暴言をはき、、、大問題になり、、、

当然、最後の夏の大会は、出場なしで終わりました。

ま、若気の至りですね、、、(笑)

血の気が多い中3ですね、今では絶対にしないですが、、、(笑)

この監督には、高校卒業式に、謝罪しました。

未だに、平安中学高校の野球部で監督に暴言をはいたのは、私だけらしく、伝説になってるみたいです(笑)

平安中学高校の野球部の監督というのは、絶対に逆らってはいけない神様的扱いですから、、、(笑)

もう、野球やめようと思っていて、、、でも、、野球したいなと、、、葛藤してました。

学校から帰宅したら、公園でひたすら、ピッチング練習してました。

お客様に時々紹介している、整体院から3分のオシャレカフェの前に公園があります。

昔は、大きな壁があって、そこに、チョークで丸して、ひたすら投げていました。

コントロールが良くなるように、〇を小さくして、父親が遅いから帰ってこいというまで投げていました。

不完全燃焼で、また野球がしたいけど、平安では野球したくない気持ちが強く、他の高校を受験しようと考えていました。

9月頃に運動場を歩いていたら、平安高校の軟式野球部の監督とコーチが私に近づいてきて、「伊藤聞いたぞ、監督にグローブ投げつけたんだって?なかなかやるな!」みたいなこと言われて、、、

その後、たわいもない話しして、「一緒にもう一度野球しないか?全国制覇目指さないか?」と言われました。

こんな、中学のときに問題起こした人間に、また野球しようと誘ってくれる人がいるんだと思い、感動して、平安高校の軟式野球部に入部しました。

平安高校は、今、甲子園でてる硬式野球部と軟式野球部があり、共に、全国制覇を目標にして、鬼のような練習をしてました。

背番号もらうのに、努力と根性以外なかったです。

その当時は、水もあまり飲めなかったし、気分悪くて、嘔吐しても、練習を休ましてくれることもなく、今から思えば、夏の練習中は、ずーと熱中症だったと思います(笑)

一番厳しい練習は、夏の1時間ノックでした。

平安高校は守備を徹底的に鍛えるというが伝統でした。

今でもテレビを見てると、守備はうまいですね。

ミスをした分だけ、ベースランニングをして、またノックをうけるという、、努力と根性の世界でした。

4回ミスしたら、4周ベースランニングして、また、ノックうけて、また3回ミスしたら、3周ベースランニングして、、、

今から思えば、よく分からないですね(笑)

公式戦のメンバーには、入ったり、入れなかったり、、、悔し涙ながして、また練習して、、、みたいな繰り返しでしたね。

公式戦で初めて、ヒットを打って、仲間にハイタッチして喜んだら、、、次の回に交代させられて、、、

理由を聞いたら、個人の喜びは自分の中だけにしとけ、チームの勝利が優先だという理由でした。

野球を楽しむというか、ある意味、軍隊の中で野球をしているというか、、、

平安野球というのは、そんな場所でした。

少し気のぬけた三振をしたり、平凡なエラーをしたら、即交代。

自分の代わりは、本当にたくさんいて、1軍から3軍まであり、少しでもミスしたら3軍に落とされてました。

高校2年生のときは、スランプで一度もメンバーに選ばれることもなかったですが、高校3年生の春のメンバーに選ばれて、順調にいけば、夏も選ばれる予定でしたが、、、

練習中に怪我したんですね、、、

怪我の内容は言えないですが、全治1カ月でした。

入院して、手術して、、、

ベッドの上で、夜中ずーと泣いていました。

人生初めての挫折です。

全国の舞台に立ちたくて、ずーと、苦しい練習して、最後の夏の直前に怪我、、、

何のために練習してきたのか、、、

退院して、練習に参加したけど、もう私の場所はそこにはなかったです。

怪我で走ることが出来なかったんです。

3軍の練習でもついていけなくて、、、

監督に、こう言いました。

「もう、私は夏のベンチに入れないなら、今、ちゃんと言ってください」と言うと、

「伊藤はすまんが入れない、メンバー外だ」と言われました。

分かっていたけど、悔しくて悔しくて、、、そのあとの記憶があんまりないです。

私は、最後の夏にはメンバー外でしたが、チームは全国準優勝、国体優勝して、新聞やテレビに盛大に取り上げられてましたが、私はもう野球に未練はなく、予備校で受験勉強してました。

大学も、野球したくて入部はしましたが、野球に対しての魅力がもうなくて、途中でやめて、ラクロスを少ししてました。

社会人に入り、また野球して、エースとして投げてましたが、体調がどんどん悪くなって29歳で辞めました。

最後に投げる試合で、今までの感謝として、両親に見てほしいと思い、太陽が丘の球場に来てもらいました。

先発で投げましたが、その当時、薬を大量に服薬していたので、体力がなくて、全然だめで、3回5失点で炎上してしまい、途中で交代しました。

試合終わって、両親が「お前うまくなったな」と言ってくれたときは、すごくうれしかったのを覚えています。

両親、特に母親には、グローブやスパイク、ユニフォーム、遠征代、、、すごくお金かかったと思います。

今、家には、なぜかグローブが5つもあります(笑)

スパイクも練習量が多くて、すぐ破けるし、ユニフォームの修理や洗濯、大変だったと思います。

あの時は、何も思わなかったですが、今考えると感謝しかないです。

自分ももし、結婚して子供ができたら、野球してほしいかなと思います。

最後に野球してからもう8年以上たちますが、また、野球できたらと思います。

私の人生、10代は野球で挫折、20~30代半ばまで、うつで挫折。

いいことないなと思いますが、今は整体という新たなチャレンジをして楽しいです。

整体や病院の仕事も、楽しんでできてるし、応援してくれる人もいます。

ようやく自分の人生も少しずつだけど、明るくなってきてると思います。

これからまた挫折することもあると思いますが、平安野球で培った努力と根性でまた這い上がればいいですし、人生というものは、山あり谷ありです。

医者に治らないと言われても、私は絶対良くなると思い続けたし、普通の人なら、医者から治らないと言われたら諦めると思うが、私は、諦めるというのが、本当に嫌いで、それは、多分、平安野球で教えていただいたものだから、最後は怪我で挫折したけど、平安中学高校で野球を6年できたことは私の人生の中の宝だから、大切にしていきたいと思う。

今、うつや不眠などで悩んでいる人も、本当に諦めないでほしい。

諦めたら、本当に終わりである。

お客さんに伊藤さんみたいに私は強くないですと言われるが、私は、本当に弱い人間です。

未熟ですし、まだまだ勉強中です。

弱い人間だけど、本当にどん底に落ちた時に、這い上がる根性があるかなと思うだけです。

今、甲子園で平安高校が頑張ってますが、相変わらず、原田監督怖いですね(笑)

でも、だいぶ、丸くなられたと思います。

私の時は、鬼にしか見えなかったです(笑)

今年、応援行きたいと思っていましたが、なかなか予定合わなくて、、、

楽しんで野球して、全国制覇してほしいですね。

話し変わりますが、今、中日の松坂大輔投手が頑張ってますね。

私は、松坂世代です。

この世代は、諦めないですよね。

松坂投手は、もう、ぼろぼろの状態だったのに、肩の故障から這い上がって、今、1軍で5勝挙げています。

この松坂世代は、諦めも悪いし、努力と根性で這い上がる人間が多いような気がします。

こんな考え方、もう古いのは理解していますが、私は大好きです。

崖人間、万歳です!

ちなみにですが、努力と根性の崖ルートでは、なかなか人生しんどいので、今は、大阪で月に1回階段ルートを学び中です。

人生を階段と崖ルートでいければ、すごく良いのですが、なかなか自分の場合、崖ルートが根強いです(笑)

では、今日のブログはここまでです。

読んでいただきありがとうございます。

またね~♬

 

 

関連記事

  1. カウンセリングのご案内

  2. どの精神薬から減薬するべきか

  3. 受けたくない手術

  4. 原因不明の耳鳴りにも糖質制限が有効~糖質制限は素晴らしい~

  5. 人生楽しくなってきた

  6. うつ病と生活習慣について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

院長プロフィール

使用28

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は、うつ・不眠専門の整体院です。
30~40代のサラリーマンの方、中高生、大学生の方が来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
その経験やメンタルヘルスの知識をもとにお客様に最短でうつ・不眠を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しないうつ・不眠の方は、是非、ご連絡くださいね!