うつ病やパニック障害などの精神疾患は慢性疾患だから、薬でコントロールするべき?!

うつ病やパニック障害などの精神疾患は慢性疾患だから、薬でコントロールするべき?!

皆さん、こんにちは!!

京都 うつ・不眠専門整体院 無痛整体未來堂の伊藤です。

今日は、いい天気ですね。

昨晩は、すごく寒くて、寒暖の差が激しいです。

今日の空は、すごく綺麗ですよ。

快晴ですね。

やはり、春は好きです。

今まで下ばかり向いていたから、こんなに空が綺麗だなんて思いませんでした。

人生はおもしろいですね。

さて、今日のお話し。

うつ病パニック障害などの精神疾患は、慢性疾患だから薬でコントロールするべきかというタイトル。

まず、統合失調症双極性障害Ⅰ型は、薬でコントロールする必要があると私は思います。

でも、多剤大量処方はだめ、単剤、低用量でコントロールするべきです。

海外では、そういうことがスタンダードになっています。

日本だけですよ、統合失調症の人に大量の薬をだしているのは。

皆さんの周りの人にうつ病やパニック障害で悩まれている方は、少なくとも1人以上はいると思います。

その方、薬で、うまくコントロールできていますか??

仕事や家事をてきぱきとこなし、健常人と同様、いきいきと生活している。

そんな人いますか??

正直、いないと思います。

私も、寛解することはできましたが、コントロールできているとは思いませんでした。

なにかしら、しんどいしんどいと言いながら、生活していました。

それが、コントロールできているとお医者さんは言うけど、それは、違うと私は思います。

なんとか仕事できて生活はできているけど、春だから、桜見に行こうとか、おいしいもの食べに行こうとか思わないのは、薬ではコントロールできていないと思います。

だから、申し訳ないが、うつ病やパニック障害は、薬ではコントロールできる病気ではないと思う。

コントロールできる病気なら、なぜこんなにも日本でうつ病で苦しんでいる人が多いのか??

おかしいと思いません??

昔、知り合いの看護師さんに言われたことがあります。

うつ病は薬でコントロールするのが常識。

このあと、大喧嘩になったのはいうまでもないが・・・

医療に携わっている人間の多くは、そう思っている。

私は、医療人だけど、それは違うとはっきり思う。

うつ病が、うまく薬でコントロールできないのは、やはり、耐性の問題が多いと思う。

効かなくなるのだ、精神薬は。

今、うつ病がうまく薬でコントロールできていない人は、西洋医学以外の治療を考えるべきだと思う。

京都 無痛整体未來堂HP

関連記事

  1. うつ病で障害者手帳をもらうということ~いつまで西洋医学に頼る…

  2. 整体だけで良くなるか?

  3. 本田圭佑移籍

  4. ご自宅で学べる【不眠克服メール講座】について

  5. うつ病と自然治癒力について

  6. うつ病で2度休職しても仕事は続けるべきなのか?!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

院長プロフィール

使用28

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は、うつ・不眠専門の整体院です。
30~40代のサラリーマンの方、中高生、大学生の方が来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
その経験やメンタルヘルスの知識をもとにお客様に最短でうつ・不眠を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しないうつ・不眠の方は、是非、ご連絡くださいね!