ベンゾジアゼピン系のお薬を4週間でたった0.01mgしか減薬する方法は遅すぎるのか?!

ベンゾジアゼピン系のお薬を4週間でたった0.01mgしか減薬する方法は遅すぎるのか?!

皆さん、こんにちは!

京都 うつ・不眠専門整体 無痛整体未來堂の伊藤です。

昨晩のワールドカップ見ましたか??

大興奮しました!

監督が変わっただけで、ここまでおもしろい試合になるんですね。

昨日は、お客様の予約が多かったので、すでに9時くらいには、うとうとしていて、諦めて寝てしましました。

しかし、それが、最近のサッカー愛の強さから1時くらいに、いきなり覚醒して、スマホを見ると、同点の情報が入ってきて、

「お客様には、規則正しい生活を!」とか言ってるくせに、テレビをつけて、応援してしましました(笑)

そして、またもや試合が終わり、興奮状態では、寝付けず、、、

多分、3時間くらいしか寝てません(笑)

すいません、今回のワールドカップは、どうしても見たいんです。

それは、4年前のブラジルワールドカップの時、日本は惨敗したんです。

それを見ていて、自分は今の日本代表の状態と同じだなと思いました。

なんとか4年後は、断薬して、心からサッカーを応援して、日本がまた世界で勝つところをみたいと思っていました。

まだ、4年前は、大量の薬を飲んでいて、仕事もうまくいかず、自分のこと大嫌いで、人生のどん底でした。

減薬は始めていましたが、うまくいかず、もがいていました。

そんな状態でサッカー見ていても、何もおもしろくなく、同じように、惨敗して終わりました。

でも、4年間、人生かけて、減薬して、断薬して、仕事への考え方、生き方、本当に色々勉強して、自分のしたい医療ができず、愚痴を言い続ける人生は嫌だ、そして、村地先生と出会い、整体学んで、今に至ります。

波乱万丈の人生ですが、今、すごく人生生きていて、楽しいと思います。

4年は、本当にしんどかったです。

一時は、精神科病院の閉鎖病棟に入れられて、犯罪者みたいな扱いされて、もう人生終わったと思いました。

でも、こうして、色んな人の協力があって、這い上がってきて、人生は、なかなかおもろいなと思います。

去年1年間の整体修行もなかなかしんどかったです。

施術の技術がなかなかうまく向上しなくて、どうしたら、いいんだと悩み続けた時期もありました。

その時に、母親があんたは、なんでも取っ付きが悪くて、昔からすぐにうまくいかないやろう。

野球だって、最初はへたくそだったけど、あんたは、うまくなりたくて、夜遅くまで、公園でひたすらボール投げてたやろう。

だから、整体もウサギじゃなくて、亀のように、のろのろやって、人が10回してうまくなるなら、あんたは100回してうまくなるんよ。

だから、こつこつしなさいよとアドバイスくれて、なんとか頑張ってやり続けました。

今、こうして、サッカーを心底楽しめているのは、4年間、必死に自分と向き合い、努力し続けたからだと自分で分析しています。

だから、今、減薬で苦しんでいる人、4年間、必死で自分と向き合って、本気で健康を取り戻したいと考えて頑張ってください。

そんな頑張ってる人を神様は必ず、助けてくれると私は思います。

いかん、少し、まじめなこと書きすぎた(笑)

そんな思いで、今回のワールドカップを楽しんでいます。

ちなみにですが、、、28日木曜、、、ポーランド戦、、、、また、、、パブリックビューイングに行きます(笑)

23時から、、、

しかも、29日は余興の最後のちえ部長の追い込みトレーニング、、、

最近のちえ部長↓

そして、30日は本番、、、、

俺の身体は、もつのだろうか(笑)

こういう時は、糖質を抑えて生活します。

毎回、このブログ書いてますが、前段階が長すぎます(笑)

本題入る前に、1400文字も書いています(笑)

さて、そろそろ、、、、

いかん、、、眠気が、、、、(笑)

「ベンゾジアゼピン系のお薬を4週間でたった0.01mgしか減薬する方法は遅すぎるのか?!」

このタイトル、意味分かりますか?

今、日本で多く処方されている、安定剤(抗不安薬)、睡眠薬の多くが、このベンゾジアゼピン系の成分です。

これ、何度もこのブログで書いてますが、減薬するのが、非常に難しいです。

難しいという表現では、足りない。

覚せい剤を抜くくらいしんどい。

これだけ、現代医学が発展してるのに、何も解決方法はない。

これを止めたいのに、止めれなくて、人生を棒に振っている人がかなりいる。

それを厚生労働省は認めて、処方制限をかけてるのに、まだまだ、処方されている。

なぜか?

それは、飲んだら、かなり効果があるからです!

寝れなかったら、即寝れるし、不安感が強いなら、不安が解消される。

お医者さんは、基本、早く患者に良くなってもらいたい。

患者も早く良くなりたいから、即効性の薬を求める。

両者に合致するのが、このベンゾジアゼピン系の薬です。

でも、依存性が半端ないです!!

大迫、半端ないどころではありません!!(笑)

欧米では、依存性が強いので、処方制限がかかっています。

だいたい2~4週間です。

日本だけ、相変わらずです。

別に私は、飲むのはいいと思います。

でも、服用の仕方があります。

本当に本当にしんどいときだけ飲むのが理想です。

本当に今、飲まないと、やばい!!て時だけです。

つまり、そんな時は、一か月に数回です。

だから、頓服としては、素晴らしい効果を発揮します。

それを、毎食後に服用みたいなことをすると、もうダメです。

あなたの身体は依存しています。

で、元気に最近なってきたし、減薬しようと思い、半分自分で薬を切って、飲む。

その時は、大丈夫ですが、、、数日後、しんどくなる、、、酷い時は、寝込む、、、

で、薬を戻したら、前のように動けるようになる。

それを知り、自分の飲んでる薬がとんでもないことだと知るんです。

で、お医さんに相談しても、良い方法が見つからない。

だから、この日本で非常に苦しんでいる人が多い。

こう書いてる私もそうでした。

この薬がやばいことを知ってます。

断薬した今でも、後遺症あります。

右肩が、いきなり異常に痛くなる。

漢方薬飲んで、少しゆっくりしたら、ましになりますが、、、、

減薬するのもしんどい、断薬しても後遺症が残るかもしれない薬って、、、

もう、覚せい剤しかないです。

私の場合、10年近く、この薬を大量に飲んでいました。

で、なんとか1錠まで減らせましたが、そこから、1錠を減らすことがなかなか困難でした。

で、その時の主治医に言うと、、、

「伊藤さん、しょうがない、一生飲んでおいてください」

と普通に言われました。

ま、これが現実です。

で、私は、この薬をなんとか断薬しないといけないと思い、ありとあらゆる情報を入手して、勉強して、断薬しました。

その薬は、1錠が0.5mgでした。

最初、自分の中で、4週間で0.02mgなら、うまく減薬できると思い、実行しました。

しかし、それが失敗。すごくしんどくなり、また、計画を練り直しました。

で、4週間で0.01mgにしました。

これがなんとか、うまくいきました。

これを読んで、皆さん、どう思いますか?

0.5mgの薬で、、、4週間で0.01mgしか減薬できない、、、

いつ、断薬できるの??

私が、この計画を立てているとき、2020年の東京オリンピックに断薬できたらいいと思ってました。

それくらいです。

これを当院のお客様に言うと、大抵、驚かれます。

ま、それくらい減薬するのがしんどい薬なんです。

この説明分かりますかね??

断薬するのには、必ず、自然治癒力を発動させなてはいけません。

自然治癒力は、徐々にしか発動されません。

最初のころは、自然治癒力は少なめです。

0の時点から、例えば、1ヵ月整体を毎週受けて、漢方薬飲んで、食事・生活習慣を見直して、とにかく、ストイックに毎日生活したとします。

でも、多分、全体で100として、0からだと、2進んだらいほうだと思います。

0→2です。

で、自然治癒力は、2しか進んでいないので、減薬量は2以下にしないと離脱症状で苦しむことになります、2しか進んでいないのに、減薬量を4も10もするから苦しむんです

つまり、自分の中で、自然治癒力の量が増えるまでは、減薬量はかなり抑えていかないと、苦しみ寝込みます。

さっきの例だと、

自然治癒力は2 減薬量は1の関係性にしないと、だめです。

自然治癒力>減薬量です。

だから、私は、自分の身体の自然治癒力がなかなか発動されない初期のころは、減薬量を0.01mgで4週間間隔で行いました。

とにかく、待つんです。

自然治癒力が、発動されるまで、何週間、何か月、何年も待つしかないんです。

ながれ堂の村地先生も待つことは大事とよく言われますが、ひたすら待つんです。

今までの不摂生な生活を改めて、とにかく自分のやれる範囲で継続してやり続けます。

私は、甘いものが大好きでしたが、止めると決断してから、平日も休日も、とにかくストイックにやめました。(本当に久しぶりに甘いものを食べたのは、ちえ先生手作りの伝説ちえケーキでした(笑)、最近ちえシュークリーム食べましたが、美味でした(笑))

整体院のお客さまでも、本当に、まじめで、本気で自分の健康を取り戻したい方は、驚くほど、ストイックです。

その辺りは、任せますが、ストイックな人は、私は好きなんで、どんどん良い情報を提供します。

ストイックな人ほど、自然治癒力が発動されるのが早いのは明確です。

今、減薬で苦しんでいる人は、上に挙げた自然治癒力>減薬量の関係性を間違っています。

自然治癒力0<減薬量5とか、自然治癒力2<減薬量4とか、自然治癒力が全然発動されていないのに、ただ減薬したいからとの思いでやるから、寝込むし、苦しみます。

まとめると、減薬したいから、減薬するでは、大失敗します。

減薬すると決めたら、どういう戦略と戦術でいくか、方針を決めないとだめです。

そんなことを当院のカウンセリングではお話しします。

無痛整体未來堂減薬カウンセリング

自然治癒力は発動されると、自分でも驚くほど、減薬量が増えても、身体は大丈夫になります。

これは、私だけではないと思います。

多くの人が、この自然治癒力と減薬量の関係性を知って、減薬してほしいと思います。

いかん、、、、もう眠気が、、、終わります(笑)

最後まで読んでいただきありがとうございます。

関連記事

  1. ベンゾジアゼピン系の睡眠薬からベルソムラ(睡眠薬)にスイッチ…

  2. 昨日ブログ更新できず…

  3. 成田凌さん

  4. ブログ移転しました。

  5. 認知行動療法

  6. 不安障害(SAD)について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

院長プロフィール

使用28

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は、うつ・不眠専門の整体院です。
30~40代のサラリーマンの方、中高生、大学生の方が来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
その経験やメンタルヘルスの知識をもとにお客様に最短でうつ・不眠を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しないうつ・不眠の方は、是非、ご連絡くださいね!