ベンゾジアゼピン系の減薬はトライ&エラーの繰り返しです!失敗のない減薬はない!

ベンゾジアゼピン系の減薬はトライ&エラーの繰り返しです!失敗のない減薬はない!

皆さん、こんにちは!

京都 うつ・不眠専門整体 無痛整体未來堂の伊藤です。

昨日から、うだるような暑さですね、、、

今日も朝から、暑い!!!

昨晩は、さすがに冷房を入れて寝ました。

快眠のためには、しょうがないです。

もう、京都は冷房なくては、生きていけないくらい暑いです(笑)

昨日のブログ、書いてから思ったんですが、分かりにくいなかと思います。

反省です。すいません。

しかし、自分の思ってることを言語化するのは、非常に難しいです。

私は、去年の3月くらいから、とにかく暇さえあれば、ブログを書いていました。

これは、村地先生のアドバイスです。

私も、村地先生にはまだまだ及びませんが、そこそこ言語化するのは、うまくなってきたような気がします(笑)

お客様からも、言われるので、、、そうかなと思います(笑)

どうやら、昔のブログを読んでくれている方も多いみたいで、、、

よく多い質問で、、、

「伊藤さん、最近の婚活状況はどうですか??」

「伊藤さん、次のお見合いはいつですか??」

「伊藤さん、インスタ見ましたよ、サッカー誰と応援に行ってたんですか??」

これを聞かれると、私、冷や汗がでます(笑)

施術中とかに聞かれると、あわゆく施術の順番を間違えそうになりそうなときもあります(笑)

でも、、、

「いや、、、最近の婚活状況は〇〇ですよと」答えると、、、

「えーーーーーーー!!!!!」

みたいな反応です。

これ以上は、さすがに書けないので、直接聞いてください(笑)

この画像は特に意味はないです。なんか人生で一度はしたいかなと思い、ただの自己満足で貼っただけです(笑)

基本、どんな質問でも答える私ですが、このネタに関しては、さすがに顔が真っ赤になります(笑)

しかし、なぜあんなブログを俺は書いたんだと思いますが、、、ま、これも修行中のことということでOKです!!

さて、つまらないことをまた、散々、書いたので、、、、本題に移ります。

「ベンゾジアゼピン系の減薬はトライ&エラーの繰り返しです!失敗のない減薬はない!」

この意味分かりますか??

ベンゾジアゼピン系のお薬を減薬するとき、お客様からよく聞かれます。

「失敗したくないから、どうしたらいいですか??」

人間、誰しも失敗したくないんです。

私も、失敗はしたくないです、でも、人間だれしも失敗のない人生はないような気がします。

社会人の人は、入社して1~2年目くらいは、散々、失敗して怒られて、凹んで、でもまたなんとかトライして、でもまた、失敗して、、、みたいなことを繰り返して成長していくと思います。

私は、今、臨床6年目です。

この間、色々ありました。

この患者さんを良くするには、どうしたらいいんだろう???

で、色々、トライするんです。

でも、うまくいかず、また、これはどうだろうとトライして、またうまくいかず、、、

臨床3年目位の頃はそんな状態でした。

一時期、本当に、どん底まで落ちて、いかに一日誰とも話さず仕事するかみたいな時期ありました。

で、どん底までいったら、なんかふっきれて、、、

1年、我武者羅にして、だめなら、やめようと決めて、1年間、とりあえずトライ&エラーを繰り返しました。

で、1年たったころに、「あーーーーこうしたら、なんか多くの患者さんが元気になるんだ!!」

みたいなんが分かりました。

それは、別に教科書には載ってないですし、自分で考えた方法なんで、他の人からしたら、批判をあびるかもしれません。

そして、自分の中で1年間やり切ったくらいに、整体を学び始めて、、また、トライ&エラーの繰り返しでしたね。

そう考えると、人生はトライ&エラーの繰り返しです。

で、減薬は、まさにトライ&エラーの繰り返しです。

何度もブログで書いてますが、減薬は人体実験なんで、自分の身体で、トライしてみるしか方法がないんです。

これだけの量を減らしたら、どんな身体の状態になるか誰も分かりません。

それは、東大や京大などの大学病院の先生でも分かりません。

だれも分かりません、、、

だから、まず減薬したいと決めたら、生活習慣や食事習慣などを改めて、とにかく、半錠でも1/4でもやってみるしか方法はありません。

で、日常生活を送れないほどの離脱症状に襲われたら、それは、エラーです。

エラーしたら、凹みます。

私も何度も凹みました。

で、エラーしたことを分析して、また、減薬量を見直すなどして、再度、トライする。これが一番大事です!!

それで、成功したら、自分をとにかく褒めてあげてください。

よく言われます。

「私の身体はこれくらいの減薬しか無理でした、、、情けないです」

その時、私はお客様にこう言います。

「いや、〇〇さんは、薬に頼らず生きたいと思われ、減薬に挑戦したことが素晴らしいです、で、なんとか、こんだけの減薬に成功した、本当に素晴らしいです、自分のことを褒めてあげてください、帰りに、ご褒美に何かたまには好きなもの食べてくださいよ」

と言います。

減薬は大いに誰にも理解されない部分が多いです。

家族や恋人、、、誰にも理解されず、、、孤独感でいっぱいの人が多いです。

でも、当院に来てくれれば、私は必ず理解しますし、何か辛いことあれば、フォローしますし、減薬のどんな悩みも受け止めれると思います。

私とお客様とで安心感やつながり感を感じて、二人三脚で減薬に取り組む。

それが、当院の減薬への考え方です。

当院のお客様も、減薬を頑張ってる方、たくさんおられます。

トライ&エラーを繰り返して、順調な方もおられますし、エラーを繰り返して、どん底の人もいます。

同じ薬で、飲んでる期間もそこまで変わらないのに、なぜ、ここまで違うの??と思うときがよくあります。

私も、お客様と一緒に勉強して、減薬の色々な情報をシェアできたら良いかと思います。

本日も長いブログを読んでいただきありがとうございます。

 

関連記事

  1. 昨日のNHKの発達障害特集見ましたか?

  2. ベンゾジアゼピン系の睡眠薬からベルソムラ(睡眠薬)にスイッチ…

  3. 自然治癒力とお見合い

  4. うつ病で障害者手帳をもらうということ~いつまで西洋医学に頼る…

  5. 昨日誕生日でした

  6. お客様の声

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

院長プロフィール

使用28

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は、うつ・不眠専門の整体院です。
30~40代のサラリーマンの方、中高生、大学生の方が来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
その経験やメンタルヘルスの知識をもとにお客様に最短でうつ・不眠を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しないうつ・不眠の方は、是非、ご連絡くださいね!