内科や耳鼻咽喉科などでベンゾジアゼピン系の睡眠薬・安定剤を1年以上処方されている方へ

皆さん、こんにちは!!

京都 うつ・不眠専門整体院 無痛整体未來堂です。

昨日のバレンタインは、どのようにお過ごしでしたか??

私は、それなりに楽しめましたよ。

自分でバレンタインの画像を作成したり・・・(笑)

国生さゆりのバレンタインの歌を聞いたり・・・

チョコレートは嫌いですが、イベントですから楽しまないと。

また、どうでもいい話を書きそうなので、この辺りで。

今日は、4月から、内科耳鼻科など、心療内科以外でベンゾジアゼピン系の睡眠薬、抗不安薬(安定剤)を処方されている方にたいして書きますね。

4月から内科などで、ベンゾジアゼピン系の睡眠薬や安定剤などを1年以上処方されている方は、今後処方されない可能性が高くなり、飲まれていたら、減薬されていきます。

これは、決まりです。

1年以上処方していたら、病院は儲からない仕組みができました。

処方してもいいのですが、減収されます。

で、減薬をすれば、増収されます。

つまり、病院もビジネスだから、儲からないことはしません。

減薬したら、増収されるのですから、減薬するでしょう。

4月から、正式に決まりました。

しかし、これ、まずいです。

実は、日本でベンゾジアゼピン系のお薬を出している65%は、精神科、心療内科以外なのです。

内科や耳鼻科などが圧倒的にだしているのです。

内科の先生などは、デパスメイラックスの減薬を知らない人が多いです。

ほとんど、知らない先生だらけです。

精神科医の先生もほとんど知らないのに・・・

病院の儲けだけで、減薬されると、困るのは患者さんです。

内科でデパスを10年以上処方されている人なんかは、かなりたくさんいます。

その方が、今日から処方できなくなるからといって、減薬される。

その結果、離脱症状がでて、普段の生活ができなくなる人が増加すると思います。

減薬でうまくいかなくなり、内科では、どうしようもなくなり、精神科医にバトンタッチされます。

いや・・・これ、本当にまずいです。

厚生労働省も、今回の決定で、まずい展開になりそうなのは分かっているのでしょうか。

ベンゾジアゼピン系の離脱症状は、本当に地獄ですよ。

覚せい剤を抜くような感じと同じです。

とりあえず、4月から、大変な世の中になるということだけをお伝えします。

では、次回のブログもお楽しみに~♬♬♬

無痛整体未來堂HP

関連記事

  1. パーキンソン病

  2. 引き寄せの法則を実践して

  3. ベンゾジアゼピン系の睡眠薬・抗不安薬を4種類飲まれている方は…

  4. うつ病と生活習慣について

  5. 精神薬の減薬時に起きるアカシジアという離脱症状~耐えられるも…

  6. 「不眠」でお悩みの方【30代女性/主婦】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

院長プロフィール

使用28

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は、うつ・不眠専門の整体院です。
30~40代のサラリーマンの方、中高生、大学生の方が来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
その経験やメンタルヘルスの知識をもとにお客様に最短でうつ・不眠を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しないうつ・不眠の方は、是非、ご連絡くださいね!