殺したくなる副作用

皆さん、こんばんは。

うつ、不眠専門整体 未來堂の伊藤です。

最近、寒過ぎて、身体がついていきません。

今年は、秋がなかったように思います。

今日は、少し怖い話しです。

殺したくなる副作用の薬があるのを知っていますか?

それは、うつやパニック障害の第1選択薬の

抗うつ薬です。

抗うつ薬の中でも、1番使われている、

SSRIと言われる、パキシルやジェイゾロフトなど、たくさん販売されてますが、

この薬は殺したくなる副作用があります。

攻撃性という副作用です。

この副作用は、当初、添付文書にはなかったですが、SSRIを飲んでた人が、殺人事件などを起こしたため、ようやく、添付文書に副作用として、載りました。

普通の人は、攻撃性という副作用を読んでも分からないと思いますが、簡単に言うと、

人を殺したくなるということです。

そんな副作用なんか少ないと思われがちですが、

私は、ありました。

ほんの些細なことで、ブチ切れして、

部屋のタンスや机、壁を破壊してました。

今から考えて、あれ副作用だったんだなと

思います。

両親も、あれは副作用だよと言います。

私が大暴れして、私の母親はよく泣いてました。

暴れて、落ち着いてから、我に返って、

なんで、こんなことをしてしまったんだ、

母親をまた、泣かしてしまった…

自分をよく責めました。

今年の6月に、母親が、

あんたの部屋、綺麗にしようと言ってくれました。

もう、あんたは、暴れないし大丈夫やろうと。

1週間かけて、リフォームしました。

あんだけ、母親を泣かして、

部屋も綺麗に直してもらって

本当に情けない息子だなと深く反省し後悔しました。

多分、母親は、あのぼろぼろの壁を見るのが辛かったんだと思います。

これからは、本当に親孝行しないといけないと思います。

私は、13年苦しみましたが、両親も本当に辛かったんだと思います。

今は、両親は私の整体を応援してくれてます。

本当に感謝しかありません。

私は、この日本から、精神薬の薬害が少しでもなくなるように、整体院を開業しました。

だから、自分なりに、色々な情報を発信していきます。

京都 うつ、不眠専門整体 未來堂ホームページ

関連記事

  1. 芦田愛菜さん

  2. ブログをLine@で配信していますので、是非、登録してみてく…

  3. うつ病で2度休職しても仕事は続けるべきなのか?!

  4. 睡眠薬遊び⁈

  5. 整体スクール2日目

  6. 平成18年の処方履歴

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

院長プロフィール

使用28

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は、うつ・不眠専門の整体院です。
30~40代のサラリーマンの方、中高生、大学生の方が来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
その経験やメンタルヘルスの知識をもとにお客様に最短でうつ・不眠を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しないうつ・不眠の方は、是非、ご連絡くださいね!