対症療法はだめなのか??

日本で行われている医療の9割は対症療法である。

1割が東洋医学などの自然治癒力によるものである。

私は、対症療法について、どう考えているかと

いうと、全く否定はしない。

よく本屋で、西洋医学を全否定する本があるが、

これはどうかと思う・・・

西洋医学は対症療法である。

腰痛ならロキソニンなどの鎮痛薬

アレルギー性鼻炎なら抗アレルギー薬

アトピーならステロイド薬

対症療法で治るならいいが、慢性疾患

は西洋医学では治らない。

基本、私は、西洋医学の薬は続けて3か月以上

飲むべきものではないと思う。

うつ病の薬もどん底のときは、使ってもいいが、

少し元気になれば、減薬していき、

あとは、自然治癒力で解決していかないと

いけないと思う。

今日は、時間がないので、ここまで

また、この問題については、

しっかりと書きます。

ありがとうございました。

関連記事

  1. SOU・SOU

  2. 春は減薬には向かない時期です~守りの減薬が無難!

  3. 【不眠】でお悩みの方〈70代女性/京都府〉

  4. 睡眠薬の減薬は自分が思っている以上に厳しい戦いです~微量減薬…

  5. 毎日の習慣を継続すること

  6. ブログ移転しました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

院長プロフィール

使用28

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は、うつ・不眠専門の整体院です。
30~40代のサラリーマンの方、中高生、大学生の方が来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
その経験やメンタルヘルスの知識をもとにお客様に最短でうつ・不眠を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しないうつ・不眠の方は、是非、ご連絡くださいね!