不眠と糖質の関係について

皆さん、こんにちは。

京都 うつ・不眠専門院 無痛整体未來堂の伊藤です。

皆さんはクリスマスをどのようにお過ごしでしたか?

私は、植物園のイルミネーションを見に行ったり、

おいしいいものを食べたりと、

久しぶりにゆっくりさせてもらいました。

今日は、不眠と糖質の関係について書きますね。

クリスマスシーズンは、甘いものがおいしいですよね。

私も、昨日たくさんたべました。

すごくおいしかったです。

しかし、糖質を取りすぎると不眠になる人が多いです。

糖質を食べると、血糖値が急激に上がります。

で、その血糖値を下げようとインスリンが大量に分泌され、

その後、血糖値が下がりすぎて、

睡眠中には低血糖状態になります。

で、不眠や体調不良になります。

東洋医学の考えから言うと

肝熱が糖質を取りすぎたため、上がってしまい、

身体の熱が頭のほうに上がり、

脳が興奮して寝れないのです。

不眠で悩んでいる人は、

食事なんか関係ないと思っている人が多いです。

病院でも、不眠に悩んでいる人に

食事指導しているところは、ほとんどありません。

うちの整体院では、食事指導を結構します。

お客様の中には、驚かれる方もおられます。

しかし、私は、長年のうつや不眠が

施術だけでは良くならないと考えています。

これは、私の師匠である

ながれ堂村地先生も言われています。

うつや不眠で悩まれている方は、

まずは、甘いものを食べるのを止めましょう。

では、次回のブログもお楽しみに~♬♬♬

 

無痛整体未來堂ホームページ

 

関連記事

  1. 殺したくなる副作用

  2. 東京タラレバ娘

  3. リスパダールについて

  4. 松坂大輔はもうダメなのか…

  5. ポケットワイファイ乗っ取り…

  6. 当院のコロナウイルス感染予防対策について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

院長プロフィール

使用28

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は、うつ・不眠専門の整体院です。
30~40代のサラリーマンの方、中高生、大学生の方が来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
その経験やメンタルヘルスの知識をもとにお客様に最短でうつ・不眠を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しないうつ・不眠の方は、是非、ご連絡くださいね!