睡眠薬依存症

みなさん、こんにちは。

今日もいい天気ですね。

初夏です。さすがに冷房をいれました。

http://kanshoku.org/medicine/sleepingdrug/

今日は、こんな記事を見つけました。

睡眠薬依存症・・・

これ、本当に怖いです。

私も、過去に睡眠薬依存症になりました。

今は、睡眠薬は断薬しました。

私の場合、入り口はデパスでした。

最初は、本当によく効きました。

でも、すぐに効かなくなります。

これを耐性といいます。

で、医者にまた、眠れなくなりましたと言うと

そうですか、じゃ、これ飲んでくださいと言われ、

雪だるま式に増えていきます。

で、最終的には、全て効かなくなり、

ベゲタミンやラボナなどが処方されます。

それでも、効かなくなると、色んな薬が追加され、

希死念慮が発生します。

希死念慮とは、簡単に言うと死にたくなることです。

希死念慮がでると、もう、入院です。

普通の人は分からないと思います。

デパス1錠⇒多剤大量処方⇒希死念慮で死にたくなる⇒入院

こういうルートをたどっている人、日本にたくさんいると

思います。

なぜ、こうなるか??

原因は、薬にしかないです。

私は、何も考えずに、デパス飲みました。

で、人生を棒にふりました。

13年間、暗闇の人生でした。

失ったものは、数えきれません。

でも、自分で勉強して、這い上がりました。

どうしたら、健康になれるか。

医者に頼りすぎるのはよくない、本当に。

今は、本やネット・・・自分で勉強すれば

勉強できる。

これだけは言える。

医者に一生、精神薬を飲まないといけないと

言われて信じている人

特に、うつ病や双極性障害Ⅱ型、発達障害、パニック障害の人、

整体や漢方薬で良くなることがあります。

西洋医学だけが、医学ではない。

時間はかかるかもしれない。

でも、這い上がろうとしたら、人間、這い上がれる。

私も、どん底から這い上がりました。

だから、あなたも努力さえすれば、這い上がれる。

今日は、久しぶりに熱く書いてしまいました。

また、よろしくお願いします。

 

 

関連記事

  1. うつ病で障害者手帳をもらうということ~いつまで西洋医学に頼る…

  2. ベンゾジアゼピン系の減薬はトライ&エラーの繰り返しです!失敗…

  3. 精神科の診断は主観的

  4. 松坂大輔はもうダメなのか…

  5. この記事どう思いますか??

  6. 小児強迫性障害って知ってますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

院長プロフィール

使用28

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は、うつ・不眠専門の整体院です。
30~40代のサラリーマンの方、中高生、大学生の方が来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
その経験やメンタルヘルスの知識をもとにお客様に最短でうつ・不眠を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しないうつ・不眠の方は、是非、ご連絡くださいね!