ベンゾジアゼピンの裁判について

皆さん、こんばんわ。

土日と整体の勉強でくたくたで昼から帰ろうかな

と思いましたが、やはり仕事しようと思い

ブログ書いてます。

ベンゾジアゼピンの薬害訴訟が名古屋で行われて

いまして、1審判決がでました。

これがこちら

http://www.courts.go.jp/app/files/hanrei_jp/645/086645_hanrei.pdf

この裁判、めまいに対して、ランドセンを

投与して、それをやめるときに

激しい離脱症状がでて、国立循環器病院が訴えられたのです。

普通の人はめまいになぜ、精神薬??

しかも、大病院が??

こんなのは、病院の規模に関わらず、

日常茶飯事の処方です。

めまいで耳鼻科にいったら、

よく、メイラックスとか処方されること

多いです・・・

整形外科でも、肩こりにデパスとか

普通の処方です

最近は、腰痛に抗うつ薬のサインバルタが

よく処方されています。

もう、意味がわからない。

腰痛の人が抗うつ薬飲んで、もし仮に

よくなったとしても、

ずーと死ぬまで飲むんでしょうか??

しかも、サインバルタは辞めるときに

激しい離脱症状が起こる。

本当にいいかげんにしてほしい、西洋医学。

腰痛のほとんどは原因不明なんです。

この裁判結果を見ましたが

私は納得していません。

日本の医療は、今後、どうなるのでしょうか・・・

では、またよろしくお願いします。

関連記事

  1. ポジティブ思考

  2. 小児強迫性障害って知ってますか?

  3. 自然治癒力と洋服

  4. うつ症状で悩んでいるなら心療内科に行く前に内科に行こう~!

  5. チップ入りのエビリファイについて

  6. 睡眠薬の悪用

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

院長プロフィール

使用28

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は、うつ・不眠専門の整体院です。
30~40代のサラリーマンの方、中高生、大学生の方が来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
その経験やメンタルヘルスの知識をもとにお客様に最短でうつ・不眠を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しないうつ・不眠の方は、是非、ご連絡くださいね!