睡眠薬を減薬する場合、いきなり半錠にするのはかなりリスクがあります!

睡眠薬を減薬する場合、いきなり半錠にするのはかなりリスクがあります!

皆さん、こんにちは!

京都 うつ・不眠専門整体 無痛整体未來堂の伊藤です。

なんか天気悪いですよね、、、

もう近畿も梅雨入りですね。

なんか身体もだるいし、やる気もおきないし、、、

ま、梅雨時期はみんなだいたいそうですよ。

梅雨時期は、きのこ料理がいいみたいですよ。

東洋医学の考えによると、梅雨時期は、身体に水が溜まりやすいので、きのこをたべるとそれを体外にだしてくれるみたいです。

それを前に母親に言うと、

この前、大量のきのこ料理が並べてありました(笑)

さすがに、「おかん、これは極端すぎるよ・・」と言うと、「あんたも糖質制限糖質制限て極端やん、一緒」と言い返されて、、、

伊藤家はとにかく極端な考えが多い人ばかりです(笑)

糖質制限で思い出しましたが、この前、天王寺で整体スクールメンバーとランチしたんですが、素敵女子がよく食べる「エッグベネディクト」を注文して食べたんです。

アイドルちえ先生などの他の先生方は、うまそうな肉をたべていましたが、私もそれにすれば良かったんですが、、、

食べた直後から、右肩は痛いし、耳鳴りはするし、身体はだるいし、とんでもないくらいしんどかったです。

次の日には、めちゃ肌荒れするし、今、緊急用の漢方薬飲んでだいぶましになりましたが、素敵女子がよく食べるものはやはり糖質が多いです(笑)

だから、最近10~20代の女性のメンタルヘルスの悩みが増えているのかなと思います。

別に糖質過多だけの問題ではないと思いますが、、、

さて、今回は久しぶりに減薬のお話しです。

薬を減薬しますと言うと、だいたいの人が、まずは、半錠で減薬するイメージがあると思います。

お医者さんも大抵はそうです。

で、長年飲み続けた薬をいきなり0.5錠にすると、多くは離脱症状で苦しみます。

だから、多くが挫折します。

私も、そうでした。0.5錠減薬されて、激しい離脱症状をおこして、お医者さんから、もうやめるの無理だから、このまま飲み続けるしかないですと言われたこともありました。

私の場合、薬剤師さんに聞きました。半錠より細かくできる方法を教えてくださいと素直に聞きました。

1/4カット、つまり0.25錠ずつカットすることもできるよと教えてもらいました。

私の場合、さらにききました。それより細かいのは??

その場合は、薬を潰して、粉薬にしてもできる。

だから、0.01mgでも減薬できるよと教えてもらいました。

これを聞いたおかげで、私は、本当に微量ずつ減薬していきました。

しかも、自分勝手にはぜず、お医者さんに薬剤師さんがこういう減らし方教えてくれたからやりたいですと正直に言いました。

この0.01mgの減薬のおかげで、断薬できたし、薬剤師さんには感謝しています。

今、多くの減薬している人が医師の指示のもとではなく、勝手に減薬しています。

これは、正直、私は反対です。

もし、自分で勝手に減らして、とんでもない離脱症状にあっても、誰も責任とってくれないです。

減薬は、万が一、失敗したら命を落とすこともありえます。

だから、私は勝手な減薬はしてほしくないと個人的には思います。

私は、理解のあるお医者さんでしたので、二人三脚で断薬しましたが、正直、理解のある医師を探すのは至難の業です。

もっと、理解のあるお医者さんが増えれば、苦しむ人は少なるのかなと思います。

減薬は半錠が限界ではないですよ。もっと細かくできる方法があることを知ってほしくて今回ブログを書きました。

あーーーーーお腹が減った・・・・お腹がぐるぐるなる・・・

今日、昼ごはん食べてないことに今、気づきました(笑)

では、今からランチします・・・またね~♬

※ライン@始めました。良かったら、友達追加してくださいね。1週間に1回、当院のお得な情報などを発信しています!!

 

 

関連記事

  1. 平均寿命過去最高

  2. 昨日のNHKの発達障害特集見ましたか?

  3. エビリファイについて

  4. ベンゾジアゼピン系の睡眠薬・抗不安薬を4種類飲まれている方は…

  5. 体力が持たない…

  6. 掃除が出来ないとADHD⁉️

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

院長プロフィール

使用28

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は、うつ・不眠専門の整体院です。
30~40代のサラリーマンの方、中高生、大学生の方が来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
その経験やメンタルヘルスの知識をもとにお客様に最短でうつ・不眠を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しないうつ・不眠の方は、是非、ご連絡くださいね!