ベンゾジアゼピン系の睡眠薬・抗不安薬を4種類飲まれている方は4月から3種類しか飲めなくなります!!

皆さん、こんにちは!!

京都 うつ・不眠専門院 無痛整体未來堂の伊藤です。

今日は、なんか春らしい日ですね。

私も最近、色々思うことがあり、悩んでいましたが、悩んでいてもしょうがない、行動に移そうと決意しました。

どんなことでも、行動して、失敗して、また行動する。

そうすることで、人間は成長できるし、強くなれると思います。

1年前の自分に比べたら、随分強くなりましたが、まだまだ、私は成長段階です。

どんどん、学んで失敗して、成長していきたいと思います。

で、今日は、4月から精神医療で変わることを書きますね。

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬、抗不安薬4種類、今飲んでいる人は4月からは、4種類処方できなくなり、3種類しか処方できなくなりました。

例えば、こんな処方の人です。

マイスリー(睡眠薬)

ロヒプノール(睡眠薬)

ソラナックス(抗不安薬)

メイラックス(抗不安薬)

こんな処方の仕方、正直、最悪ですけど、未だに、こういう処方されている人がいます。

こういう4種類のんでいる人は、4月から3種類しか処方できません。

厚生労働省も、以前から規制をかけていましたが、未だにこういう処方をする病院があるから、強気に規制をかけたと思います。

しかし、これ、単純に減らせばいいという問題ではありません。

離脱症状については、どう考えているのかなとは思いいます。

3種類にしたら、離脱症状で苦しむ人は多いと思います。

なんせ、ベンゾジアゼピン系のお薬は、依存が高いです。

厚生労働省は、離脱症状なんか、何も考えていないのでしょう。

しかし、日本は、ベンゾジアゼピン系のお薬については、欧米に比べたら、規制が緩いです。

欧米では、依存性が高いので2~4週間の処方制限がかかっています。

日本も、あと、数年したら、そのような処方制限がかかってくることは予想されます。

私も、過去、4種類のベンゾジアゼピン系のお薬を飲んでいました。

やめるとき、大変でした。

大変という二文字では簡単には言えないくらいしんどいです。

私は、本当に覚せい剤をやめるくらいしんどいと思います。

整体院にこられている方も、あと少しがやめれないと嘆かれています。

離脱症状で寝込んでいる人もおられます。

本当に、こんな薬は、発売禁止にすればいいと個人的には思います。

今後、厚生労働省が、ベンゾジアゼピン系のお薬を制限すればするほど、この離脱症状という問題は、大問題になると思います。

私は、この離脱症状という問題を今後、ブログを通じて、色々発信していきたいと思います。

では、次回のブログもお楽しみに~♬♬♬

京都 無痛整体未來堂HP

関連記事

  1. 処方履歴1

  2. リリカという薬

  3. 耳鼻咽喉科の対症療法について

  4. 人は見た目が100パーセント

  5. 自然治癒力とお見合い

  6. 未來堂ブログ1周年、そして、3月19日に正式開業します!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アーカイブ

院長プロフィール

使用28

はじめまして。
無痛整体未來堂の伊藤伸一です。
当院は、うつ・不眠専門の整体院です。
30~40代のサラリーマンの方、中高生、大学生の方が来院されています。
院長自身が、13年間のうつ・不眠を克服し、10種類17錠を断薬した経験があります。
その経験やメンタルヘルスの知識をもとにお客様に最短でうつ・不眠を根本解決してもらうようアドバイスをしています。
趣味は、ガンバ大阪を応援すること、カフェ巡りです。
病院に3か月通院しても改善しないうつ・不眠の方は、是非、ご連絡くださいね!