院長が向精神薬の減薬・断薬の辛い離脱症状を乗り越えた方法

ここでは、院長である私が、向精神薬の減薬・断薬の辛い時期をどのようにして乗り越えていったかを書いていきます。
日本で非常に多くの方が、薬をやめたいのに、辛い苦しい離脱症状に襲われて、なかなか薬をやめることができないという方のために、少しでも参考になればと思います。

私は、過去に、毎日10種類17錠の薬を服用していたことがありました。

そこから、どう減薬・断薬まで辿り着けたか・・・

私が、向精神薬の危険性を初めて知って、まず、漢方薬の治療を開始しました。

病院でもらう漢方薬とは違い、煎じ薬です。

お鍋でことこと30分くらい毎日煮ていました。

私は、体調不良で自分ではなかなか出来なかったので、母親が毎日煮てくれていました。

このときの母親には本当に感謝しています。

それを冷まして、ペットボトルに入れて、1日3回飲んでいました。


私の場合、重症でしたので、保険外の生薬がふくまれていたので、費用としては、月に15,000~20,000円でした。

効果はそれなりにありました。


薬の量は、一時期、3種類6錠ほどに減薬できたと思います。


しかし、安定剤の減薬に苦労し、失敗し、漢方薬の限界を知り、それと同時に、この薬がどれだけきつい薬ということが分かりました。


漢方の先生が、都合で病院を閉院されることになり、紹介された病院には行きましたが、相性が悪く診立ても悪いので、漢方薬治療は中断しました。

で、路頭に迷っているときに、ある本で分子栄養学を知り、東京のクリニックからサプリメントを郵送してもらいサプリメント療法を開始し、同時に、鍼灸治療も開始しました。


しかし、これは大失敗に終わりました。


サプリメントの問題は、非常に費用が高いことです。月に30,000~40,000円くらいかかりました。


1日に10錠以上のサプリメント
を飲むことに違和感があり、ある日、飲んだ直後に吐きだしてしまい、これは自分には向いていないなと思い、止めました。


鍼灸治療も痛すぎて痛すぎて、4回くらい受けて、やめました。


この辺りで、自分の中で、もう限界なんかと思い、お医者さんの言う通り、一生薬を服用するしかないのかなと諦めモードでしたが、時間をみつけては、パソコンで自分にあいそうな治療法を探していました。

そこで、出会ったのが、整体の師匠の無痛整体ながれ堂の村地友寛先生でした。


今、私もこの整体をお客様に提供していますが、即効性がほとんどないです。


1~2回の施術でたくさんの薬が止めれるようなことはほとんどありません。


この当時、村地先生には、時間かかりますと何回も言われていたので、毎週末に施術してもらっていました。


受け始めて、半年くらいたった夏くらいに強い好転反応がおこり、それ以降、自分の中で体質がかわっていきました。

そのころ、減薬は、お医者さんに黙って、減薬してました。


なぜなら、今度勝手に減薬したら、病院を出禁にするとまで言われてました。(以前、勝手に減薬し失敗して入院したため)


減薬は、自分で切れない薬は、調剤薬局に持ち込んで、有料で切ってもらっていました。


私は、減薬を成功させるためには、薬剤師さんと仲良くなることが一番大事だと思っています。

 

村地先生から施術受けて、ある程度まで体調は良くなりましたが、少しスランプの時期があり、目標の断薬には、もう少し何かを変えないといけないと思い始めました。


ちょうど、そのころ、減薬に理解のあるお医者さんがいると聞き、車で1時間以上かかる場所でしたが、減薬に理解のないお医者さんの治療を受けるよりは、車で1時間かけても行った方がいいと思い、電話して予約しました。


ちなみに、この先生は、電話したとき、新規の患者さんを受け付けていない状態でした。


でも、何度も何度もお願いして、受け入れてくれました。


ここで、もし受け入れてくれなかったら、私の人生は変わっていたと思います。


人生のターニングポイントでした。

車で1時間以上かけて来た私に先生は、今まで出会ったお医者さんとは違いました。


上から目線ではなく、患者さん目線に立ってる先生でした。


その先生から

「伊藤さんは、うつ病でも、双極性障害Ⅱ型でも、もちろん、発達障害でもない、ただの向精神薬の薬害です。減薬すれば、必ず前の伊藤さんに戻れます」

と言ってくれました。

そこから、また、止まっていた時間が動き始めました。

お医者さんからは、漢方薬を処方してもらい、減薬治療しながら、整体や漢方薬で体質を変えていきました。


私は、減薬・断薬には、必ず戦略、戦術が必要と思います。


戦略:「減薬・断薬する上での方向性を決めること(どれくらいの量をどんな間隔で減らしていくか)」

戦術:「減薬の辛い離脱症状を何で対処するか」


この辺りが、ぶれていると、減薬・断薬は成功しないと思います。


まず、私は、戦略をたてる上で、今服用している薬がどういう薬なのかを徹底的に研究し勉強しました。


お医者さんや薬剤師さんと同じ位の知識をえて、お医者さんと話すときに、

自分の飲んでいる薬は〇〇〇だから、こういう風に減薬していくべきだと思います」と必ず自分の意見を述べて、お医者さんの意見も聞いて、最終的には、減薬量を自分が納得する量しか減らしませんでした。


減薬で大事なのは、お医者さん主導の減薬ではなく、患者主導の減薬が一番大事です。


なぜなら、減薬については、どのくらいの量を減らしたら、どんな辛い離脱症状が出るかは、誰にも分かりません。


多くの人がお医者さんは、知っていると思われがちですが、残念ながら分りません。

だから、私は多くの人に減薬は人体実験と同じだから、慎重に慎重にするべきと伝えています。


自分の身体を守るのは、最終的に自分です、お医者さんではありません。


私の場合、戦略は、Excelで管理してました。

これだけの量を減薬したら、こんな症状が出たなどを記録して、今は、減薬量を均等にすべき、少し増やしても良いなど徹底的に管理しました。

 

自分の身体を一番知っているのはお医者さんではない、自分であることを忘れてはいけません。


私は、最初に立てた減薬の戦略は、断薬する時期が、実は東京オリンピックが開催される2020年と考えていました。


それくらい、私は慎重なプランを立てていました。


なぜなら、私は、、、


最後に残った3種類の薬を0.01~0.1mg単位の減薬しか考えていませんでした。


多くの人が減薬を考えるとき、多くは半錠、もしくは1/4錠と考えるでしょう。


でも、それだと、長期間服用した方は、減薬に失敗します。


私も、その考えしかなかったので、失敗ばかりしていました。


でも、薬剤師さんに色々相談して、粉砕するテクニックを教えてもらい、先ほど言った0.01mg~の減薬が可能になります。


粉砕とは、錠剤の薬を薬剤師さんに機械か何かで潰してもらい、粉薬にしてもらいます。

多少、費用はかかりますが、減薬の離脱症状に苦しむよりましです。


あまりに微量になりすぎると、乳糖を混ぜてもらいます。


乳糖とは、粉薬を飲みやすくするようにするためのもので、子どもさんがうまく粉薬を飲めないときに、よく使われるものです。


先ほどもいいましたが、減薬に成功するかは、薬剤師さんを見方にして、仲良くすることです。


私は、ある薬を何度も減薬に失敗したので、3週間に0.01mgしか減薬しませんでした。


多くのお医者さんが、そんな微量の減薬で離脱症状なんか出ないよと言われますが・・・


0.01mgでも離脱症状はでます!!


私は、右肩が異常に痛みました。

断薬した今でも、疲労が溜まったり、食生活が乱れたりすると、右肩が異常に痛みます。


これは、もしかしたら、一生続く断薬症状なのかもしれないです。


でも、これくらいで済んで良かったと思います。

また、減薬していくうえで、離脱症状に耐えられる体質を作っていかなくてはいけません。


私は、ある東洋医学の先生に、「伊藤さんは、糖質をとりすぎている、顔をみればわかる、甘いものを食べるのをやめなさい、白米を食べるのをやめて、お肉や魚をしっかり食べなさい」と言われました。


指摘されるまで、私は、甘いものが大好きで、特にケーキやアイスクリームが大好物で、白米も大好きでした。

指摘された日から、糖質について勉強し、これまでの食生活の乱れを反省しました。


最初は、禁煙したくらいしんどかったですが、1週間くらいしたら、慣れて、あまり甘いものを欲しいと思わなくなりました。


糖質制限を始めてから、一番感じたのは、睡眠の質や、イライラしなくなったり、体重が減りスマートになり、倦怠感が減るなど、顕著に良い方向にいきました。

減薬後半は、整体、漢方薬、糖質制限で身体の体質がどんどん変わっていったので、昔なら、この量なら間違いなく離脱症状で苦しんいたのに、全然大丈夫になり、最後のほうは、減薬を楽しんでいる自分がいました。


自分の身体の体質が変わると減薬量も増えても離脱症状にもあまり苦しまなくなる。


これは、多分私だけの現象ではないと思います。


だから、私は、この減薬方法を多くの人に知ってもらいたいなと思い、こうして書いています。


では、断薬した際、私はどんな断薬症状がでたのか・・・


一番、しんどかったかもしれません。


でも、仕事は行ってましたし、それなりに生活していました。


私は、寝ている間、身体にある今までの老廃物が一気にでて、布団が汗でとんでもないことになりました。


寝れない日もありましたが、整体をしたり、漢方薬を少し多めに飲んだりして、必ず嵐はおさまると信じてました。


1週間くらいしたら、断薬症状もおさまってきて、自分で分かりました。


あ~身体から薬が抜けたー!

この長い減薬生活は本当にしんどかったですが、今まで支えてくれた、両親、ながれ堂村地友寛先生や整体スクールメンバー、お医者さん、薬剤師さん・・・など沢山おられますが、本当に感謝しかありません。


私は、この経験を多くの人に知ってもらいたいと思って、村地先生に自律神経に特化した整体を学び、この日本でうつや不眠で苦しんでいる人のサポーターになりたいと考え、当院を開業しました。


減薬後半期に感じたことですが、減薬中、多くの人が不安感、孤独感、自己否定が強い状態ではないでしょうか??


不安感→本当に減薬がうまくいくのだろかという不安感が強い

孤独感→誰にも理解されない離脱症状の苦しみで孤独感が強い

自己否定→自分は薬もやめれない弱い人間と考えるなどの自己否定が強い


私も、上に挙げた、不安感、孤独感、自己否定感が非常に強い人間でした。


でも、このような心理状態だと、なかなか減薬がうまくいかないような気が私はします。


私は、減薬後半時期は、安心感があり、孤独感もなく、自己肯定ができるようになりました。


だから、例え断薬に失敗しても、自分のことを理解してくれる人はたくさんいるんだと思いました。


私は、減薬断薬を希望されている方のサポーターになりたいと思ってます。

整体施術やカウンセリング時間以外にも、不安でしんどいときは、メールや電話で相談に乗ったりしたいと思ってます。


不安感や孤独感、自己否定感が強いと、例え断薬したとしても、また、しんどいときに、再服薬してしまう恐れがあると思います。


私は、どんだけ服用歴が長くても、諦めなければ、必ず断薬できると思います。


諦めない気持ちが一番大事です。


断薬して一番良かったことは何ですか?とよくお客様に聞かれますが、自分の中でベスト5がこれです。

①両親や姉と普通に会話できるようになり仲良くなったこと!

②自分は一人ではない、大切な仲間がいること!

③今まで普通に見ていた花や木がすごく綺麗に見え、自然を凄く感じるようになった!

④自然な笑顔ができるようになり、自分のことが好きになり、写真をとってもらうことや、インスタなどのSNSが好きになった!

⑤失敗してもいいから決断し行動して色んなことに挑戦したいと思えるようになった!

 


私は、薬を全否定する人間ではありません。


単に断薬すればいいとは思いません。


本人が1種類だけ不安だから飲みたいというなら、それは全然良いと思います。


向精神薬の減薬・断薬については、色んな人が様々なことを言われていますが、私は、それぞれの意見が間違っているとは思いません。


色んな意見があっていいし、それを強制するものではないと思います。


私は、薬を飲んでいる人を弱い人間だと思いません。


私は、ちなみにですが、非常に弱い人間です。


多くの人が風邪をひいたら、風邪薬を飲むように、不眠で悩んでいたら、みんな病院に行って、薬をもらう。


これは、しょうがないです。


幼い時から、両親や学校でしんどいときは病院にいきなさいと言われて育ったからです。


でも、風邪薬と違い、メンタルヘルスの薬は、すぐにやめれない。


依存や耐性の問題
が絡んでいるので、止めたくても止めれない。

私は、服用するのは、別に個人の自由なんで任せますが、お医者さんや薬剤師さんが、服用する前に、薬のリスクをしっかりと説明してくれる世の中になればいいかなと思います。


私は、多分ですが、服用前に、ちゃんとリスクをしっかりと説明してくれていたら、服用しなかったかもしれません。


多くの人が、長期間服用して、その危険性を知ることになります。


急にはやめれない・・・・


これは、やはり医療としてどうかなと思います。


服用してもいいが、ある程度服用したら、減薬断薬する方向に患者さんをもっていかなくてはいけないかなと思います。


大切な人生を薬で奪われるのは、私だけでいいです。


減薬・断薬の辛い離脱症状の乗り越え方を長々と書いてしまいましたが、、、


私は、この日本で減薬・断薬で苦しんでいる人のサポーターになりたいと思い、当院を開業しました。


もし、こんな私で良ければ、いつでも相談乗りますので、ご連絡ください。

お気軽にお問い合わせください。080-9120-4366営業時間:9時~21時

メールでのお問い合わせはこちら